ガリガリとブヨブヨ
 
いまカラダを改善したい…

プロテイン約20杯分の効力
理想の体重は
このサプリで手に入る
 

【筋トレでダイエット】したら理想体重と違って重くなるの?



こんばんは、としぞうです。

健康的にダイエットするなら
まず、筋トレや運動をしながら
体重調整をする方が多いと思われます。

それは正しいダイエット法ですが
実行されている方には
お悩みがあるかもしれません…
 

スポンサーリンク


筋トレを頑張ったんだけど体重が減らない

体重が減らない場合
どういった方法の
筋トレをしたかが問題になります。

筋トレ

と言うのも、元々筋肉は
脂肪より重いのです。

 

必死に筋トレして、今までの身体の上に
筋肉をつけてしまったら
それこそ体重は増えてしまいます。

 

力任せの筋トレは
ダイエット目的の場合
避けるべきなのです。

 

ではどう言う筋トレが
ダイエットに効果的なのでしょう?

 

筋トレと言うと、無酸素運動的なものを
思い浮かべる方もいるでしょうが
ダイエット目的だと、完全に逆効果です。

 

有酸素運動
吸った酸素を吐くことによって
脂肪が燃やされます。

 

そして運動することによって
筋肉に変換されるのです。

 

この図式を守らないと
体重は減るどころか
増えてしまうことになります。

 

有酸素運動での筋トレが
ダイエットに理想的です。

ダイエットに効果的な筋トレとは?

有酸素運動での代表は
ジョギングやウォーキングです。

 

筋トレと言う感じはしませんが
ダイエットには適した運動です。

 

自宅や、ジム内での
筋トレでダイエットを目指す場合でも
有酸素運動を取り入れられます。

 

例えば、腹筋背筋の
トレーニングをする場合などでも
息を止めないことを
第1に考えてください。

 

呼吸は「ハッハッ」ではなく
「スーハー」を目指してみましょう。

 

「ハッハッ」の呼吸は
筋肉に力の入る呼吸で
つまり筋肉を硬くする呼吸です。

 

硬い筋肉は体重を増やしますし
この呼吸だと脂肪が燃えないので
体重は増える一方になります。

 

「スーハー」の呼吸
途切れない呼吸だと酸素の入れ替えが
きちんと行われるので

脂肪を燃やして
筋肉に変換できることになります。


スポンサーリンク


理想体重より重いけど成功

先に書きましたように
筋肉は脂肪より重いものです。

 

脂肪が燃焼されて
筋肉に変わった場合
体型が同じでも体重は増えます。

 

そこを計算に入れて
体重計の数値だけでなく
ご自分の感覚も研ぎ澄ましましょう。

 

数値に惑わされていると
結局は不健康なダイエットに
陥る危険もあります。

 

筋トレダイエットの結果
体型が変わったけど
体重が思ったほど減らない。

 

そう感じたことはありませんか?

 

でも、階段の上り下りなどいかがですか?
早足で歩いた時など
息の上がり方は変化ありましたか?

 

前よりも楽になっていると感じたら
筋トレダイエットは成功です。

 

そのまま持続して
体調も体型も持続させましょう。

 

最後にもう1度
体重計の数値だけで測るのは止めて
ご自分の身体の感覚も大事に
素敵なダイエットを目指してください。

 

※次に読むのは
ダイエット後もリバウンドを防いで…

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい。

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly



コメントを残す