ガリガリとブヨブヨ
 
いまカラダを改善したい…

プロテイン約20杯分の効力
理想の体重は
このサプリで手に入る
 

【ウォーキングって食後がいいの?】あなたの体験を聞かせて下さい!



 
ウォーキングはジョギングと違って楽ではありますが
なめてかかると、実は辛い運動です。

とは言っても、ジョギングのように
心肺機能に大きな負担をかけることは少ないので
これから運動を始める人におすすめです。

私も、ウォーキングをやっていた時期がありますが
今では、もっと負荷の高い運動をしています。

さて、ウォーキングをするタイミングですが
食後にウォーキングするのがいいと聞きます。

それは本当でしょうか?

そこで今回は、ウォーキングを実践している人に
ウォーキングのタイミングについて聞いてみました。
 

スポンサーリンク


30代男性の場合

私は、ダイエットと運動不足解消のために
毎日、夜ウォーキングをしています。

 

時間は、深夜12時頃から1時過ぎ位まで歩くので
食後のウォーキングになります。

 

体験談として、ウォーキングは食後の方が
色々な意味でいいと思います。

 

その理由は、食後身体に吸収されるカロリーを
ウォーキングによる適度な有酸素運動で、燃焼効果が期待出来るからです。

摂取したカロリーが同じでも、身体に吸収させなければ
その分太りにくい身体になります。

 

私がウォーキングを食後に行ってからは、1年で8kg体重が減っています。

 

食事制限はほとんどしていないので
食後ウォーキングをしている効果だと思っています。

 

また、食前にウォーキングをした場合、運動をしたことで
食欲が出て食べ過ぎる可能性もあります。

 

食べて身体を動かさないのは、脂肪が蓄積されることに繋がるので
理想は食後のウォーキングです。

30代後半男性の場合

どうせウォーキングするなら効率的にやりたいものです。

 

では、ウォーキングを効率的にする方法とは
どのようなことなのでしょうか?

 

私の体験したことを話すと、食後にウォーキングをするのが効果的になります。

 

効果的というか、食後の方がメリットはたくさんあります。

 

食後といっても朝・昼・夜とありますが
私がオススメするのは夜ご飯の後です。

 

では、夜ご飯の後にウォーキングするメリットは
夜ご飯までに摂ったカロリーを消費することが出来る点です。

 

そのため、夜ご飯を食べ過ぎても、罪悪感を感じることはありません。

 

それと、その日のストレスを解消することが出来るのも
メリットになると思います。

 

夜ご飯の後にウォーキングをすると、周りが暗いせいか
なんだか心が落ち着きスッキリとします。

 

そして、身体を動かすため、身体の方もスッキリとします。


スポンサーリンク


このようなメリットがあるので
私は夜ご飯の後にウォーキングをします。

 

寝つきもよくなるので、夜ご飯を食べた一時間後くらいに
ウォーキングをすることをオススメします。

20代後半女性の場合

食後にウォーキングをすることで
食べたもののカロリーを消費しやすくする効果があります。

 

空腹でウォーキングをすると、疲れが食欲を倍増させてしまって
ドカ食いをしてしまう原因となることもあるでしょう。

 

食べ過ぎた時や満腹になった直後に
激しめな早歩きでウォーキングをしてしまうことで
胃もたれや横腹が痛むことがありますので
逆に内臓に負担がかかってしまうというリスクがあります。

 

実際に私は、ドカ食い後にウォーキングをして
激しい腹痛に襲われました…

 

食後にウォーキングをする場合の注意点として
食べてから10分以上空けてから行うことと
早歩きはせず、腕を大きく振ってゆったりと大股ぎみで
ウォーキングをするということです。

 

腕と太ももを大きく動かすことで
日常はあまり使わない筋肉を効果的に使うことになりますので
さらにダイエット効果がアップして健康増進にもつながります。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい。

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly



コメントを残す